【メキシコのスペイン語スラング集】独特なネイティブ表現を楽しもう!

¡Hola!

スラング大好き、Chica.(@Chica_espana0)です!

チカのアイコン画像チカ

今日はメキシコのスラングたちを紹介します!



スペインや他の南米の国々とは違う、独自の表現が特に多いメキシコ

分からないと会話が成り立たないくらい頻出のものばかりなので、留学、ワーホリ、旅行でメキシコに行く人は要チェック!!

褒め言葉、悪口、挨拶・掛け声、相打ち、名詞別に24個フレーズ、わかりやすく紹介していきます!

スペインのスペイン語スラングについてはこちらもみてみてね!


ちなみに、今回紹介する24フレーズは、実際にネイティブが使う表現のごく一部。

実際にメキシコに行く際は、スペインのスペイン語本ではなく、メキシコ専用のフレーズ集を持参するのがおすすめです♪
(それくらい他の国と全然違う言葉なので、現地で困惑してしまいます…泣)







目次

メキシコの褒め言葉スラング

日本語で言う「やばい」「めっちゃいい」「最高」に当たる言葉たち。

「 ¡Qué~~~!」のような感嘆詞にして使うことが多いです。


1.Chido/a(チド/チダ)

とても良い/素敵な


人や、物などに。

「Lindo」と同じ意味で使われます。

¿Te gustó el libro? – Sí, está chido.

その本気に入った?-うん、最高だよ。




2.Padre/ padrísimo

凄い/かっこいい(名詞では「父」)

名詞では「父」と言う意味ですが、形容詞では「凄い」と言う意味。

感嘆詞の形で日常会話に頻繁に登場します。

Ese espectáculo está padre.
このショー最高だな!




3.chingón/chingona(チンゴン/チンゴナ)

とても良い/面白い/優しい/信じられない



一般的に人に対して使われることが多いですが、食べ物や物事に対して等広く使えます。

Eres bien chingón.
お前は最高の奴だよ。

Tu carro está bien chingón.
お前の車めっちゃいいな。



Chingo(チンゴ)

沢山の/大量の

国によって全く違う意味になる「Chingo」

メキシコでは「Un chingo de」で「沢山の/大量の」と言う意味になります。

一方、コロンビアでは「小さい」、ベネズエラでは「熱心な」、コスタリカでは「裸の」などと様々な意味があります。

Hace un chingo de frio
めっちゃ寒い。

Tengo un chingo de tarea.
大量に宿題がある。


チカのアイコン画像チカ

「Un montón de」と同じ意味だね



Chingar(チンガール)

頻繁に酒を飲む/酔う/迷惑をかける/性的行為をする

こちらもかなり広義の単語。

あまりにも意味が広すぎるので、この動詞一つだけを解説する本も存在するほど。

No me chingues.

いい加減にしろ。(俺を怒らせるな)






メキシコの悪口スラング

かなり強いものばかりなので、喧嘩をしたい時以外は使わない方が賢明。

例文を書いていて悲しくなってきました…(泣)

1.Pendejo(ペンデホ)

馬鹿な/アホな/弱虫

「Bobo(馬鹿)」や「Gallina(チキン)」に値する言葉。

思いっきり相手を罵りたいときは「Pinche」と併用すると効果抜群。

El pendejo de Felipe ni siquiera sabe leer.
馬鹿なフェリペは読むことすらできない。

 ¡ Pinche pendejo!
くそばかったれ!




2.Pinche(ピンチェ)

最悪な/クソ~

形容詞として「最悪な○○」と言う風にしたり、他の形容詞と併用して「クソ~~」と度合いを高めるために使います。

La comida que traes está muy pinche.

お前が持ってくる飯はくそまずいな!




3.Fresa(フレサ)

金持ちの/気取った

「Pijo」と同じ意味。

お金持ちらしく振舞う上流階級の人を指すスラング。

「Pijo」もそうですが、「気取った」「金持ちぶった」のようなネガティブな意味を含むので、目の前の相手に使うのは避けた方がよさそうです。

もちろん、他の国のように名詞で「苺」の意味もあります。

Ese chavo no me cae muy bien, es muy fresa.

その男とはあまり馬が合わない。気取ったやつだよ





メキシコの挨拶・掛け声スラング

話しかけるときや、リアクションするときなどに使えるスラングたち。


1.Güey(グエイ)

お前/馬鹿な

友達への呼びかけとして使ったり、「馬鹿な」と言う意味の形容詞にもなります。

意味の通り、かなりフランクな単語なので、仲のいい同年代に使うのがおすすめ。

スペインでは「Chaval」にあたりそう。

Oye güey, vámonos a la fiesta.

ねえ君、一緒にパーティーに行かない?





2.¡Ándale! (アンダレ)

早く/その通り/わあ!

 ¡órale! (オラレ)と同じ意味。

相手を急かすとき、同意するとき、驚いたときに。

¡Ándale!, ya va siendo hora de que te levantes

さあ、もう起きる時間だよ!




3.¡Híjole! (イッホレ)/ ¡caray!(カライ)

わあ!/あっ!/え!

驚いた時の掛け声に。

¡Híjole se me olvido la tarea!

あ!宿題やるのすっかり忘れてた!




4.¿Qué onda?(ケ オンダ?)

調子はどう?/元気?

「¿Qué tal?」と同じ意味。

「onda」は名詞で「波」を意味します。



¡Qué buena/ mala onda!

最高/最低!




メキシコの相打ちスラング

会話の相打ちやリアクションに使えるスラングたち。



1.Me vale madre.

どうでもいい

「No me importa.」と同義。

Me vale madre lo que digan.

何と言われようがどうでもいい。



 2.a toda madre

素晴らしい/最高の

こちらもメキシコで使われるスラング。

「Padre」とか「Madre」はメキシコでは色々な意味で使われます。

lo pasamos a toda madre.

昨日はとっても楽しかった。




3.Neta(ネタ)

本当/マジ

「Verdad」の同義語。

Es neta lo que me dijiste ayer.

君が昨日言っていたことは本当だった。



4.¿A poco?(ア ポコ)

本当?

「a poco」で「neta」と同じく「本当」を意味します。



5.No mames.

嘘だろ?!まじかよ!

信じられないような出来事に遭遇した時や、驚いたときに。



6.¿Mande?(マンデ?)

何?

相手の言ったことが聴き取れなかったときに。

「¿Qué?」「¿Cómo?」「Dime」と同じ意味です。







メキシコ特有の名詞

1.Cruda(クルーダ)

二日酔い

大量にお酒を飲んだ次の日にどうぞ。

スペインでは「resaca」と言います。

Tengo cruda.

二日酔いになった。



2.Botanas

前菜

スペインでいう「aperitivoやentrante」のこと。



3.Camión

バス/トラック

スペインでは「トラック」を指しますが、メキシコでは「バス」の意味も。

観光で行くときは間違えないように気を付けたい。

Ahí está la parada de camión.

そこにバス停がある。



4.Carro(カロ)

スペインでは「Coche」、南米では「Auto」と呼びます。



5.Chavo/a(チャボ/チャバ)

男/女

若者に対して使われる砕けた表現。

形容詞を伴って「~なあいつ」と言う意味にしたり、呼びかけに使われます。

「Chaval」と同じで、少々失礼な呼び方なので、フォーマルな場所では使えません。





まとめ

いかがでしょうか。

メキシコの方言はとても独特なので、他の国では通じないこともしばしば。

ぜひスペイン語圏のいろんな国と比較して、お気に入りの表現を見つけてみて!

このブログでは、様々なスラングを中心に実用的なスペイン語表現や文化を紹介しています。

おすすめの関連記事も是非読んでいってください♪

コメント

コメントする

目次
閉じる