【lo+形容詞=名詞】WaltDisneyの名言で学ぶ中性定冠詞の使い方!

¡Hola!

毎日スペイン語とディズニーのことを考えているChica.(@Chica_espana0)です!

チカのアイコン画像チカ

今日は「中性定冠詞 lo」の使い方について!

スペ語ガールのアイコン画像スペ語ガール

なんだか難しそう



そう思ったアナタにこそ、この記事を読んでいただきたい!

なぜなら中性定冠詞は、知っているだけでかっこいい文章を話せるようになる、とっても便利な言葉だから!!

しかも、たった一つの方程式を覚えるだけで無限に文章を生み出せるようになります!

今日はそんな中性定冠詞の使い方と、それを使ったウォルトディズニーの素晴らしい名言を教えちゃいます!

最後まで読み終わったころには中性定冠詞とディズニーの虜になること間違いなし!

早速行ってみよー!



この記事でわかること
  • 中性定冠詞とは
  • 「lo+形容詞」を使ったウォルトの名言
  • 日本語訳&解説





目次

中性定冠詞とは

中性定冠詞とは、名前の通り「中性の定冠詞」ということ。

定冠詞と言えば、英語の「the」にあたり、あらゆる名詞の頭に付けられる単語。

全ての名詞に性別があるスペイン語では、通常男性名詞の頭には「男性定冠詞 el」、女性名詞には「女性定冠詞 la」が付けられます。

通常「定冠詞+名詞」

Libro(男性)→el libro
Rosa(女性)→la rosa


しかし、そんな定冠詞には特例で中性が存在するのです

チカのアイコン画像チカ

それが「中性定冠詞のlo」



中性定冠詞の使い方は、とっても簡単!

後ろに形容詞をつけて名詞にするだけなのです!

つまり、

lo+形容詞=名詞


これさえ覚えておけば、ネイティブのような、スタイリッシュな表現ができるようになります!

「中性定冠詞+形容詞」

Lo bueno →良いこと
Lo mal  →悪いこと
Lo normal→普通のこと



どうでしょうか。

「中性定冠詞」という堅苦しい名前の割には、とってもシンプルで使いやすくないですか??

仕組みが分かったところで、早速ネイティブ文章に触れて理解度を高めていきましょう!

今日の教材は「ウォルトディズニーの名言

誰もが知っている実業家の言葉で、成功者の秘訣とスペイン語を同時に勉強していきましょう!




ウォルトディズニーの名言


Para crear lo fantástico primero debemos entender lo real.

ファンタジーを作るためには、現実を理解しないといけない。


「fantástico」とは、「ファンタジーの/素晴らしい」、「real」は「現実の」という意味の形容詞。

ここに中性定冠詞loがつくことで、「ファンタジーのもの」「現実」という意味の名詞に変身しています。

ミッキーやシンデレラ、さらにはディズニーランドという架空の世界を作り上げたウォルトの成功の秘訣は、ずばり「現実に目を向けること」なのでした。

これはアニメーション業界だけでなく、全ての仕事にも当てはまりそう。




Aprendí que lo difícil no es llegar a la cima, sino jamás dejar de subir.

難しいのは頂上にたどり着くことではなく、決して登るのをやめないことなのだと学んだ。


「difícil」は「難しい」という意味の形容詞。

なので「lo difícil」は「難しいこと」という意味の名詞です。

「jamás」は、「nunca」と同じく、「絶対に~しない」という打消しの意味になります。

さらにno es ~ ,sino ○○」で「~ではなく○○だ」という意味の構文

チカのアイコン画像チカ

色んな構文の合わせ技!



「アニメーター」「映画監督」「漫画家」「初代ミッキー声優」「実業家」という様々な肩書を持ち、その全てで成功を収めたウォルト。

しかし、そんな天才にとっても「最も難しいこと」は成功すること自体ではなく、成功のための努力を続けることでした。

チカのアイコン画像チカ

スペイン語の勉強でも一番大切なのは「継続」!


うーーん、勉強になります!




Es divertido hacer lo imposible.

不可能なことをするのは楽しい。


「imposible」は「不可能の」という意味の形容詞。

なので「lo imposible」は「不可能なこと」という意味の名詞。

チカのアイコン画像チカ

そもそも「不可能なことをしよう」っていう発想が凄い



世界初のカラー映画・トーキー映画の実現、世界中に巨大テーマパークの建設…と「不可能なこと」を可能にしてきたウォルトならではの名言。




Lo más importante es la familia.

一番大切なのは、家族。

こちらはアレンジバージョン!

lo más 形容詞」で「最も~なこと」という意味

チカのアイコン画像チカ

ノーマルバージョンと同じくらい頻出表現だよ!



アナと雪の女王やリメンバー・ミーなど、「家族」をテーマにした作品を今でも沢山作り続けているディズニー。

ウォルトの意思を受け継いで、今でも従業員やその家族を何よりも大切にしています。

20世紀初頭から既に「ライフ・ワークバランス」に注目していた、経営者の鑑ですね!




まとめ

中性定冠詞の方程式は、

「lo+形容詞=名詞」!!



「最も~なこと」という意味にしたければ、

「lo más 形容詞」!!!



これだけ覚えておけば怖いものはありません!

例文をたくさん読んで、是非ネイティブ表現を使いこなしてみてくださいね!

ではでは、Chao!

コメント

コメントする

目次
閉じる