【スペイン語で”楽しみにしてる”】待ちきれないときのスラング7選!

¡Hola!

最近ブログのアクセスが着々と増えてきて嬉しさ大爆発のChica.(@Chica_espana0)です!

チカのアイコン画像チカ

今日は「楽しみにしている」の言い方!


文法を一通り覚えて、少しずつ会話にも慣れてきたらぶち当たるこの問題。

日本語の雰囲気的に「divertido」とか使うのかな?とか思っても、案外何て言ったらいいかわからない人が多いはず!

今日はそんな、意外と言えそうで言えない「楽しみにしている」の言い方7つを攻略していくわよ!

早速 vamos!






目次

1.Tengo ganas de ~

~したい、~が楽しみだ

「ganas」は「願望」という意味。

「~したい気持ちがある」という言い方で「楽しみ」という気持ちを表現する方法です。

ポイントは、文中の主語と実際に行動する人が一致すること!

つまり「Tengo」のように主語が「私」の時は、「私がすることについて楽しみにしている」という意味になります。

Tengo ganas de verte.
(君に会うのが待ちきれない)

Tengo ganas de viajar a India.
(早くインドを旅行したくてしょうがない)

チカのアイコン画像チカ

「Tengo muchas ganas」というと、よりワクワクしている感じが増すよ





2.Me muero de ganas de~

~がしたくて死にそう

直訳すると、「~したすぎて死にそう」

かなり過激な内容に聞こえますが、これもよく使われる表現です。

日本語でも若者がよく「早く~したい~!楽しみ過ぎて死にそう~!」なんて言っていますよね。

普通に Tengo ganas de ~と言うのに比べてよりエキサイティングした感じ。

よく遠距離カップルの間で

ラブラブガールのアイコン画像ラブラブガール

Me muero de ganas de verte, amor.

と言い合ったりします。

Me muero de ganas de la fiesta.
(パーティーが楽しみ!)

¡Guay, Me muero de ganas!
(最高!楽しみ!)





3.Me hace ilusión ~

~が楽しみだ

「ilusión」とは「幻想」、英語でいうイリュージョンという意味。

この構文のポイントは、主語が「~」であること!
「~」には「動詞の原形」または「queで始まる名詞節」が入ります。

動詞の原型

「私」の行動について「私」がワクワクする場合に使います。

例えば、
「スペインに行くのが楽しみだ」
=Me hace ilusión ir a España.

queで始まる名詞節

他人がすることについて「私」がワクワクしているとき。

例えば、
「君がスペインに来るのが楽しみだ」
=Me hace ilusión que vengas a España.

※この際、動詞は接続法になります。


チカのアイコン画像チカ

「ilusión」を「ilu」に省略するとよりカジュアルなスラングになる!


ネイティブがよーーーく使うので、簡単にかっこいい会話ができるようになります!

¡Me hace mucha ilu!
(めっちゃ楽しみ―!)

Me hace mucha ilu de que te guste.
(気に入ってもれらえるのが楽しみ)




4.¡Lo estoy esperando!

楽しみに待ってるよ!

これ、面白いですよね!(唐突)

何が面白いかって、英語だと

チカのアイコン画像チカ

「I can not wait!」(待てない!)

ってなるのが、スペイン語だと

チカのアイコン画像チカ

「I am waiting!」(待ってるヨ!)


になるんですよ。

言語によって、全然真逆!

ちなみに日本語だと「待ちきれない」という否定のパターンですね。

だれかに自慢したくなるぐらい面白くないですか!?(2回目)

他の構文とは違って、「¡Lo estoy esperando!」は後ろに分を繋げたりせず、単体で使います。

Gracias por invitarme. ¡Lo estoy esperando!
誘ってくれてありがとう。楽しみにしてるよ!





5.No puedo esperar a ~

~が待ちきれない

これはもっと面白い。

さっきは「待ってるよ」だったのに、今回は「待てない」!!!

最早どっちだよ!!という感じ。

どちらも「楽しみ」という意味であることには変わりないのですが、場合によって使い分けが必要なんです。

「¡Lo estoy esperando!」は、相打ちのような感じで単体で使うのに対し、

「No puedo esperar a ~」は、後ろに「動詞の原形」や「queの名詞節」を入れることによって、より複雑な文章を作ることができます。

No puedo esperar al medico explicar qué esta pasando con mi madre.
(母に何が起きているのか、早く医者の説明が聞きたくて仕方ない)

No puedo esperar a que se acabe esta clase.
(授業が終わるのが待ち遠しい)


6.No veo la hora de ~

早く~したい
いつになったら~できるんだろう

直訳すると、「~する時間が見えない」

「早く~したくて仕方ない」「いつになったら~できるねん」
といった、居ても立っても居られない感情を表しています。

No veo la hora de volver a casa.
(早く家に帰りたい)
No veo la hora de tener 18.
(早く18歳になりたい)




7.Espero con ganas.

楽しみに待ってるよ

個人的に一番しっくりくるのがこれ。

直訳すると、「願望と共に待つ」

いかにもドキドキワクワクしている感じがして可愛くないですか?

もう皆さんお気づきのように、「esperar」は動詞と合わせると、「~したい」「~してほしい」っていう意味にもなるのです。

Espero con ganas de que nos veamos pronto.
(早く会えるといいなあ)





まとめ

いかがですか?

意外と「楽しみにしてる」っていう時に「divertirse」とか使わないんですよね。

ilusiónとか、horaとか、一見関係なさそうな単語が出てくる熟語が多いところも面白い!

どれも誰かと遊ぶ約束をした時や、推しのイベントが近づいてきたときに是非使いたい表現ばかり。

あー早く私も夫とディズニーデートしてみたいなーーー!!!

¡No veo la hora de tener una sita con mi cielo en DisneyLand!

いつ叶うことやら(笑)

ではでは、Chao!

コメント

コメントする

目次
閉じる